家畜改良技術研究所

top遺伝検査部繁殖技術部食味分析お問い合わせ組織概要


トップページ  >  ウシ > 遺伝子型検査

遺伝子型検査

 ウシの遺伝子型検査とは、個体もしくは後代の表現型に影響を及ぼす変異を持つ遺伝子について、遺伝子型を判定する検査です。遺伝子型検査の種類は、遺伝的不良形質とそれ以外の経済形質関連遺伝子などがあります。

申込方法
黒毛和種についてはこちらを御覧ください。
ホルスタイン種についてはこちらを御覧ください。
その他についてこちらを御覧ください。


遺伝子型検査の技術は、検査する遺伝子変異の種類によって検査方法が異なりますが、基本的にはPCR法とキャピラリー電気泳動法を用いています。

詳しくはこちら

黒毛和種の遺伝的不良形質は、IARS異常症など9種類が検査可能です。すべて常染色体劣性遺伝様式ですので、正常牛と保因牛は外見では区別がつきません。

詳しくはこちら

ホルスタイン種の遺伝的不良形質は、 短脊椎症(ブラキスパイナ)など6種類が検査可能です。すべて常染色体劣性遺伝様式ですので、正常牛と保因牛は外見では区別がつきません。

詳しくはこちら

その他の遺伝子型検査は、SCD遺伝子型など経済形質関連遺伝子型や毛色遺伝子型などの検査があります。

詳しくはこちら


| 家畜改良事業団ホーム | | 研究所ホーム| | 免責事項 |
Copyright (C) 2002- Maebashi Institute of. Animal Science. All Rights Reserved.