家畜改良技術研究所

top遺伝検査部繁殖技術部食味分析お問い合わせ組織概要

トップページ  > ブタ > 

自社産証明検査

DNAによる親子判定技術を利用して、自社産の証明検査をすることができます。

自社で利用しているすべての種豚について、DNA型を登録しますと、後は問屋・店頭等から肉片をサンプリングして、DNAによる親子判定が行えます。

登録した種豚と親子関係が成り立てば、自社産製品であることになります。

養豚へのDNA 技術の応用[PDF]

  1. 自社で利用している種雄豚集団について、DNA型データベースに登録します。
  2. 食肉センター・小売店・飲食店等の市販豚肉より採材してDNA型を調べることにより、自社産であることを証明(トレーサビリティ)できます。
  3. 試料:親は毛根、検査対象は小指の先程度の肉片


| 家畜改良事業団ホーム | | 研究所ホーム| | 免責事項 |
Copyright (C) 2002- Maebashi Institute of. Animal Science. All Rights Reserved.