家畜改良技術研究所

top遺伝検査部繁殖技術部食味分析お問い合わせ組織概要

トップページ  > 犬  > 

親子判定・個体識別を支える技術

DNAを用いた親子判定

 生物学的な親子関係を科学的に証明するには、DNA型検査は最も正確性の高い手法です。DNAは細胞の核の中に含まれており、どの部位から採取しても同じ情報を得ることができます。また、双子の場合を除いて、その個体特有の情報を持っています。

 DNAによる親子判定は、親のDNA型が、子へと正確に遺伝しているか否かを調査し、複数のDNAマーカーの結果を基に総合的に判断します


マイクロサテライトマーカー

 DNAの中には、2〜4個の塩基を一単位として複数回繰り返している部位、マイクロサテライトと呼ばれるDNAマーカーが多く存在しています。このマイクロサテライトの繰り返し数は、同じ部位でも個体間によって異なるため、親子判定や個体識別に有効なマーカーとして知られています。
  我々は、これらマイクロサテライトマーカーの16〜52種類を調べることで、精度の高いDNA型親子判定の結果を提供しています。


父権否定確率

 父権否定確率とは、「真でない父を否定する確率」です。使用するDNAマーカーの繰り返し数、DNAマーカーの数などに左右されます。現在我々が基本セットとして用いている17種類のマイクロサテライトマーカーでの父権否定確率は、父子関係で99.9 %(母親の情報がない)、父母子関係で99.999 %(母子関係は矛盾なし)です。


| 家畜改良事業団ホーム | | 研究所ホーム| | 免責事項 |
Copyright (C) 2002- Maebashi Institute of. Animal Science. All Rights Reserved.