家畜改良技術研究所

top遺伝検査部繁殖技術部食味分析お問い合わせ組織概要

トップページ  > 犬  >

検査の正確性

他機関との比較

 親子判定検査やトレーサビリティ検査において、その検査結果がお客様に与える影響はとても大きなものであると理解しています。そのため、我々のDNA型タイピング技術が正確であることを第三者機関が証明することが必要だと考えています。

 国際比較同定試験(Comparison Test)といわれる国際動物遺伝学会(ISAG:International Society of Animal Genetics)が隔年で開催する試験に参加しています。これは、登録している各国の検査機関の間で、同じDNA検体、同じDNAマーカーを用いて、タイピング能力が一定水準以上であることを確認する試験です。 この試験に参加する意義は、以下の3つです。

ISAG
  1. 既存の手法の正確性確認
  2. 動物種ごとに有効なDNAマーカーの精査、検証
  3. 新技術の情報共有、開発、有効性検証

 この比較同定試験には、イヌでは2002年から参加しており、検査精度を高め続けています。


イヌの国際比較同定試験

直近の試験:2015-2016

  
犬STR参加証明画像クリックで拡大

| 家畜改良事業団ホーム | | 研究所ホーム| | 免責事項 |
Copyright (C) 2002- Maebashi Institute of. Animal Science. All Rights Reserved.